【キャンプ基礎知識】最初に選ぶキャンプ道具/ランタン

今回は、宿泊キャンプには欠かせないランタン特集です!!様々な種類と形が出ていて、何を買ったらいいのか迷うところ。そんな初心者さんには、ランタンの種類と使用場所に合わせてたおすすめランタンをご紹介します!

ランタンは大きく分けて4種類

ランタンには、LEDランタン、ガスランタン、ガソリンランタン、灯油ランタンと、燃料によって大きく4種類に分けられます。それぞれの特徴をよく理解して、最適な宿泊キャンプを楽しみましょう!

【LEDランタン】種類やデザインが豊富!

何と言っても一番の大きなメリットは、テント内で安全に使用できること!!点灯時間も長く、災害時など非常灯として使用できる事も大きな特徴です。電源は、主に乾電池式と充電式に分けられますが、どれもコンパクトに収まるのが手軽さの一つ。充電式タイプは、コンセントやUSBから充電するだけでなく、ソーラーエネルギーやハンドルを回して充電できるタイプなど、様々なものがあり、種類も豊富でおしゃれな形が次々と売り出されています。

ワンポイントアドバイス!

軽量タイプも多く、複数個用意して、用途によって使い分けするのもオススメです!乾電池式は、もちろん予備の乾電池を用意しましょう。

【ガスランタン】キャンプ初心者にも扱いやすい!

燃料にガスを使い、マントルという布を燃やして明かりを灯します。光量が大きく、テント全体を照らす時にも適しています。ガソリンランタンよりも、キャンプ初心者には扱いやすいので、LEDランタンの次に導入をオススメします。
ご注意)テント内の使用は避けてください。

ワンポイントアドバイス!

ガスカートリッジは、①OD缶(アウトドア向け製品) ②CB缶(一般家庭向け製品)の2種類があり、キャンプ用には①の使用がベター。デメリットとしては、燃焼時間が短く、予備のガス缶が必要でコスト高になってしまう点。また、ガス残量によって光量が一定ではなく、冬季は光が弱くなりがちです。

【ガソリンランタン】明るく光量も安定!

燃料にホワイトガソリンを使うランタン。ランタンの種類の中で、最も明るいのが特徴です。炎のゆらぎ感や暖かみのある色で雰囲気も良く、根強い人気。また、光量が安定していて寒さにも強く、燃料時間も長いので、サイト全体を広く照らすのにとても適しています。ガソリンランタンの光はとても素敵なので、キャンプに慣れたら玄人感覚で使用してみましょう!
ご注意)テント内の使用は避けてください。

ワンポイントアドバイス!

空気を燃料タンクに送り込むポンピングという作業が必要で、最初に50~100回くらい行わなければなりません。使わない時期は燃料を抜き取る等、メンテナンス作業も必要。

【灯油ランタン】燃料低コスト!リラックス効果も期待♪

燃料に灯油を使うランタンです。灯りだけでなく手元に置いておくと暖かく、ちょっとした暖を取ることもできます。灯油価格が安いため、コストが抑えられることもメリット。また、灯油ランタンの灯りは、ヒーリング効果がある電球色に最も近いとされているため、リラックス効果も期待できます。 灯油の他にパラフィンオイルも使えます。煤が出ず、臭いも薄く、手についても気にならないので、灯油よりも扱いやすいのが特徴。綺麗な色を付けたものや、防虫ハーブ入りもありますが、灯油の約10倍くらいのコスト高になります。
ご注意)テント内の使用は避けてください。

ワンポイントアドバイス!

灯油ランタンには、加圧式と非加圧式の2種類があります。加圧式はポンピングをすることで灯油を気化させて点火し、非加圧式はアルコールアランプのように灯油が芯を伝って上部へ登り、燃焼します。デメリットとしては、ガソリンランタンと同様、使わない時期は燃料を抜き取る等、メンテナンスが必要です。

このように、ランタンには大きく分けて4種類あります。少しずつランクアップさせて、揃えていくのもいいですよ。

場所別おすすめランタン

使用場所毎のおすすめランタン種類をご紹介!サイト全体、テーブルや食卓、テント内に分けてご紹介します。

【サイト全体】広い場所を明るく照らす

サイト全体を照らす場合は、燃焼時間の長い大光量のガソリンランタンがオススメ!全体を照らせる位置にポールを立て、そこに設置して使います。最近では大光量のLEDランタンもあり、使い勝手に合わせて選びましょう。

【テーブルや食卓】雰囲気重視で照らす

食事やテーブルを囲んで団欒する時など、雰囲気を重視するのであれば、ガスランタンや灯油ランタンがオススメです。光がとても幻想的なので、複数用意しても良いかもしれませんね!

ワンポイントアドバイス!

トイレや炊事場への夜の移動にテーブル上のランタンを持っていくのであれば、手軽で軽量なLEDランタンもオススメです!

【テント内】安全に照らす

テント内で使用できるのは、LEDランタンのみ。光の色が選べたり、デザインや種類も豊富なので、自分の好みにあったLEDランタンを選びましょう!
ご注意)ガス、ガソリン、灯油など燃焼系のランタンは、テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事になる可能性があり、危険ですので避けましょう。

キャンプ初心者向けに、ランタンの種類と特徴をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ランタンを上手に選んで、夜キャンプを楽しんでくださいね!

夏のスキー場が楽しい!初心者にオススメのキャンプ場

初心者におすすめなのは、夏のスキー場に付帯するキャンプ場。施設はもちろん各種アクティビティも充実しています!

手ぶらでキャンプが楽しめる話題のグランピング

道具準備が面倒…。でもキャンプを手軽に楽しんでみたい!という方には、手ぶらでキャンプができるグランピングもおすすめ!

この記事が気に入ったら...

キャンプ初心者から上級者まで、
全てのキャンプファンにお届け!

Twitterも随時更新中!