【松本十帖】長野県松本市 浅間温泉

長野県松本市、浅間温泉。老舗旅館「小柳」の再生として始まり、浅間温泉街のまるごと地域活性化を目指しているプロジェクトの総称がこちら「松本十帖」

ホテルだけではないのです。敷地内には「HOTEL 松本本箱」「HOTEL 小柳」と2つの趣向が異なるのホテルの他、膨大な数の本を集めたブックストアやハードサイダー醸造所など様々な施設があり、敷地外には古民家を再生した「おやきとコーヒー」「哲学と甘いもの。」の2つのカフェを展開。泊まるだけではない、温泉街もまるごと楽しめれば…という普通のホテル経営とはちょっと違った試みが面白い。

2つのホテルはそれぞれ違うスタイル。HOTEL松本本箱は天井まで所狭しと並べられた本の数に驚かされるブックホテル、HOTEL 小柳はベビー&キッズ大歓迎のファミリー層向けのホテル。宿泊者のスタイルに合ったホテルを選べます。

松本本箱

Book store 松本本箱

matsumoto-jujo_2
オトナ本箱(ブックバス)

HOTEL 松本本箱は、その名の通り約1万2,000冊を揃えるブックストア「Book store松本本箱」を備えたホテル。24Hオープン(外来は12:00~19:00)のブックストアは、宿泊者以外も立ち寄れ、「本の道」「げんせん本箱」「オトナ本箱」「こども本箱」「三六七(三六五+二)」の5エリアに分かれてそれぞれのコンセプトのもとに本が置かれています。

中でも「オトナ本箱」は、以前の大浴場を利用し、湯船を読書スペースにしたユニークな造り。天井まで並べられた本が、天井の鏡に映った広々した空間の美しさにも圧巻。また、「こども本箱」には絵本が2,000冊!!同じく大浴場をリノベーションしたボールプールがあり、遊びながら本が楽しめます。本棚の並びが迷路のようになっていて遊び心満載です♪

 

matsumoto-jujo_3
本の道
matsumoto-jujo_4
おこもり空間

フロントから奥へ続く「本の道」は過去から現在までのベストセラーを選書。雑誌も多く置かれ、時代の流れを感じながら気になる本を手に楽しめます。

先へ進むと赤いカーペットになっていて、そこからは靴を脱いで。階段を進むと本棚と本棚の間に空間があり、奥を覗くとひとりで没頭したい人の為に、おこもり出来るちっちゃな個室空間が!!可愛い~♪思わず、おこもりしたくなっちゃいます。

 

【松本本箱】露天風呂付き「グランスイート」

matsumoto-jujo_5
最上階5階の角部屋、グランスイート。

2面がガラス窓で明るく、開放的なお部屋。125㎡もある広いお部屋から、北アルプスまで望める広大な眺めも素晴らしい!!大きな湯船の源泉かけ流し露天風呂、室内風呂の他、キッチンカウンター、和室、ソファーも完備。

あえて内装材を貼らず、塗装しないというコンクリートの壁もなんだかしっくりきます。全てがゆったりと配置され、空間の広さが更に際立つお部屋。全室、源泉かけ流し露天風呂付き。

 

matsumoto-jujo_6
和室
matsumoto-jujo_7
露天風呂と内風呂

奥には和室を設置。ゴロンと横になることもできますね。
共同場「小柳之湯」用の温泉桶がまた可愛らしい。タオルは触り心地抜群のフワフワ感!!

 

【松本本箱】露天風呂付きデザイナーズツイン

matsumoto-jujo_8
matsumoto-jujo_9

2台のベッドとソファーの他、さらに【おこもり書斎ベッド】を備えた空間。エキストラベッドとしても利用可能なおこもり用書斎ベッドは、子供の頃、押し入れで遊んだ記憶をベースに設計されたとか。いつまででもこもって様々な本を読みふけっちゃいそうですね。こちらにも源泉かけ流しの露天風呂が備わっています♪

 

小柳

matsumoto-jujo_10
小柳外観
matsumoto-jujo_11
レストラン「ALPS TABLE」

ベビー&キッズ大歓迎!!小さなお子様のいるファミリーや3世代対応のバリアフリールームもあり、様々なファミリーユースに対応するもう一つのホテルが「小柳」

ファミリー向けとあって、至る所に配慮が見え、レストランでは、食事に飽きた子供たちが遊べるスペースや本が並んでいます。また、様々な仕掛けもあるので是非体感してみて!!

 

【小柳】ワンルームテラススイート

matsumoto-jujo_12
matsumoto-jujo_13

あえて間仕切りを省いた開放感のある客室。目の前の大きなガラス窓からは眺望もよく、デンマーク製のデザイナーズチェアや、ロッキングチェアが目を引くとても明るいお部屋です。夜にはロッキングチェアを揺らしながら星空を眺めることも出来るそう。

オプションでベビー用のウェルカムセットを用意出来るので、赤ちゃんのいるファミリーにもおススメだとか。露天風呂付なので、ゆっくりと周りを気にせず自分たちの時間で過ごせるのもいいですね。

 

宿泊者専用共同湯【小柳之湯】

matsumoto-jujo_14
matsumoto-jujo_15

江戸時代の湯小屋を再現した宿泊者専用の共同浴場。
シャンプーやボディーソープはなく、脱衣所と半露天の浴槽のみのシンプルな源泉かけ流しの温泉が楽しめます。貸切風呂ではありませんが、宿泊者は滞在中楽しめます。

 

お料理

三六七(三六五+二)

matsumoto-jujo_16
matsumoto-jujo_17

「ローカル・ガストロミー」をテーマとした松本本箱内のレストラン。
殆どの食材が地元の野菜。お肉は環境負荷の少ない方法で飼育された放牧豚などで、豪華食材を使わずとも、信州の風土や文化・歴史も感じられるようなコース料理に仕上げます。

盛り付け方や色も美しく、素材の味を十分に引き出せるような美味しいお料理。
※「小柳」には、レストラン「ALPS TABLE」、2階にはベーカリがあり、焼きたてパンもご提供。

 

レストラン、フロント&本箱Bar

matsumoto-jujo_18
三六七(三六五+二)
matsumoto-jujo_19
フロント&本箱Bar

【松本本箱】1階の薪火グリルダイニング、三六七(三六五+二)。
真中に大きな薪火のグリルを備え、豪快に薪で焼く工程やオープンキッチンで仕上げられる料理を眺められます。また周囲にはずらりと本棚をしつらえ、様々な本をいつでも手に取ることができます。

手前の赤いカウンターがフロントも兼ねる本箱Bar。
生ビールやクラフトビール、オリジナルのハードサイダー(シードル)、ワイン、日本酒も多数。そのまま奥に続く「本の道」や「三六七(三六五+二)」で、気になった本を手に取り、飲みながら読みふけるのもいいですね。

 

2つのカフェ

matsumoto-jujo_20
レセプション&カフェ「おやきと、コーヒー」
matsumoto-jujo_21
ブックカフェ「哲学と甘いもの。」

チェックインスタイルが面白い。ホテルではなく、ホテルから徒歩3分にあるレセプション&カフェ「おやきと、コーヒー」にてチェックイン。駐車場もこのカフェ横なので、宿泊者は必ずカフェに寄り、歩いてホテルに向かう事になります。

「お客様に温泉街を歩いていただくことが浅間温泉の活性化に繋がる…」というコンセプトに乗り、カフェでゆったりおやきを食しながらお茶したり、のんびりホテルへ向かうのもまた優雅なひと時になるでしょう。

また、ホテルから湯坂を上って徒歩2分には、ブックカフェ「哲学と甘いもの。」があります。昭和を感じさせる昔ながらのガラス戸の木造長屋。ランプや土間の感じはそのままに、木のぬくもりがする可愛らしい店内にはたくさんの哲学書が。宿泊者以外も利用できるので、甘いものを食べながらゆっくりとした時間が過ごせます。

 

ナビゲーター小沼さん「動画」

matsumoto-jujo_22
ナビゲーターの小沼さん

是非、松本十帖をきっかけとして街を楽しんでいただきたいと話す小沼さんにお話をお伺いしました。
松本本箱では本の楽しみ、小柳ではファミリー層など、それぞれのスタイルによって選んでいただければと語ります。是非一度、温泉も楽しみにお越しになってください。

 

 

基本情報

宿名松本十帖
所在地〒390-0303
長野県松本市浅間温泉
電話番号0570-001-810
アクセス(車)長野自動車道松本ICから20分、梓川スマートICから約10分
アクセス(電車)JR松本駅よりバスで約30分
近隣スキー場HAKUBAVALLAY鹿島槍スキー場
サイトhttps://www.akr-hotel.com/
SNSリンク