野添ちかこ おすすめ温泉

寒い冬は、あったかい温泉が恋しくなる季節!
しんしんと降り積もる雪を眺めながら入る開放的な雪見露天も魅力的だけれど、レトロな趣きの内風呂や共同湯も捨てがたい。
普段とは違う自然景観や空間で五感を刺激して、ゆったりとした時間を過ごすと日頃の疲れやストレスがほぐれて、ほっとするはずです。

無色透明な温泉から白濁の硫黄泉まで、温泉の個性は100あれば100通り。
まずはご自分に合った温泉探しから始めましょう。

野添ちかこおすすめ!!スキー&温泉
奥湯沢 貝掛温泉(新潟県)

貝掛温泉

 

開湯約700年前の鎌倉時代。名湯“目の温泉”

開湯は約700年前の鎌倉時代。貝掛温泉は江戸時代から“目の温泉”として知られている名湯です。

湯口の源泉を手で受けて、顔に当てている人を見かけますが、これは貝掛ならではの入り方。飛び散るしぶきで目を洗うと、ちょうど柔らかな薬湯が目薬のように目を洗浄する効果があるんだとか。

ホウ酸や塩分が多すぎることなく、少なすぎることもなくバランスよく含まれていて、明治時代には「快眼水」という目薬として、内務省の製造販売許可を取って商品として販売されていたこともあるそうです。

貝掛温泉

 

「不感温度」の湯にじっくり浸かってリラックス

泉質は、無色透明のナトリウム・カルシウム−塩化物泉。弱アルカリ性の優しい成分で、温度は体温と同じくらいの約37℃。ぬるめの湯に最低でも約40分、慣れた人は1~2時間以上浸かることによって、じっくりと温泉成分を体内に取り入れることができます。

熱くも冷たくも感じない「不感温度」の湯に浸かると副交感神経が優位になり、非常にリラックスできます。ただし、冬季は寒いので、加温された42℃の浴槽でしっかり温まってから、温冷交互浴をするといいでしょう。

目に関するお悩みの方はぜひお試しあれ

秘湯の一軒宿とはいえ、今はアクセスも良くなり、関越自動車道湯沢インターから車で約15分というのも魅力の一つ。立ち寄り温泉で訪れる人も増えています。

ドライアイや眼精疲労、白内障など、目の疲れや病気にお悩みの方はぜひ一度お試しあれ。

貝掛温泉

 

基本情報

施設名貝掛温泉
温泉地名新潟県/貝掛温泉
所在地〒949-6211
新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686
電話番号025-788-9911
料金(平日)大人:1,000円、小人;500円
(土日祝日)大人:1,200円、小人:600円
営業時間11:00~15:00 ※受付終了14:00
休館日4月上旬・12月上旬 連日休館有り ※事前にご確認ください
駐車場50台
備考
サイトhttp://www.kaikake.jp/
SNSリンク

※掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

 

プロフィール

  • 野添ちかこ
  • 野添ちかこ のぞえちかこ

    全国の温泉地を旅する旅行作家。NIKKEIプラス1(日本経済新聞社)、BIGLOBE温泉、マイナビニュース等で連載中。著書に『千葉の湯めぐり』。3つ星温泉ソムリエ、温泉入浴指導員、温泉利用指導者(厚生労働省認定)、国立公園満喫プロジェクト有識者会議委員(環境省)。宿のミカタプロジェクトチーフ・アドバイザー。